オリジナル野球マーク加工・オリジナルワッペン制作・オリジナルアイテム制作

営業時間
10時〜19時
休業日
日・祝日

お気軽にご相談ください
担当者が親切丁寧にご説明致します

092-555-6266

加工のクオリティー

ユニフォーム制作(特に野球)に関して、刺繍はよく用いられる技法ですが、作る現場によって出来上がりがまちまちです。作る際には、マークを専門に取り扱っている工場にお願いすることが大事になってきます。

ユニフォーム制作の刺繍は、通常の刺繍とは違う点が多々有ります。縫いの目の密度1つで変わりますし、見えないところにも手をかけなければいいものは出来ません。

 

 

ワッペンの原画

刺繍データー

ワッペンのクオリティー

刺繍は、大きな柄を表現するより小さな柄を表現するほうが、難易度がはるかにあがります。限界はあるのですが、極力小さな柄も表現出来るようにあの手この手と工夫をしクオリティーを高めます。

右のワッペンの画像を見ていただければわかると思いますが、原画を忠実に刺繍で表現するには、かなりのスキルが必要です。細かい文字が2重で描かれている箇所など、ミリ単位の正確なデーターを作成する必要が有ります。       

出来上がりワッペン

ャープに表現した刺繍ライン

縁取り刺繍のクオリティー

野球ユニフォーム制作において縁取り刺繍は、文字全体のバランスで振り幅が変わっていきます。また、野球のユニフォームは、色々な素材が存在します。メッシュ生地だとか柔らかい素材の生地だとか、価格帯によって様々です。その、色々な素材に対して、刺繍ラインが負けないように工夫しなければいけません。通常、普通に縁取っただけだとそのラインがガタガタになることが有ります。そのことを防ぐために、見えない部分に一手間加えることでシャープなラインが表現できるのです。 

 

1色3Dキャップ
ダブル刺繍3Dタイプ

帽子のクオリティー

帽子の刺繍は、加工の中でもかなり難しいものです。ただ刺繍しただけでは、クオリティーが高いものはできません。帽子の形状、硬さ、柔らかさによって入り方が変わります。 データーは平面上ですが、実際に刺繍するものは、曲面になります。1色はいいのですが2色となるとからり難易度があがります。現在は、文字を盛り上げることが支流となっていますので、更に難易度が上がってしまいます。 

 

無料相談・お問合せはこちら

マークのプロがどの様な要望にも高い技術と深い経験で応じます

お急ぎのかたはお電話がスムーズです

お気軽にご相談ください
担当者が親切丁寧にご説明致します

092-555-6266
営業時間
10時〜19時
休業日
日・祝日