オリジナル野球マーク加工・オリジナルワッペン制作・オリジナルアイテム制作

営業時間
10時〜19時
休業日
日・祝日

お気軽にご相談ください
担当者が親切丁寧にご説明致します

092-555-6266

ユニフォームマークにおける加工の種類

野球ユニフォームマークは多種多様な加工方法があります。

安価にできるものから、豪華にみせるもの。また、素材にあった加工方法や小ロットに適したもの。                                     その状況にあったベストの加工方法を提供するのは、我々のようなマークに携わったものにしか出来ないと思います。

このページでは、そのような加工方法の種類を説明してみたいと思います。

チームウェアを作る際の参考にして頂ければ幸いです。

1重圧着
2重圧着

圧 着 加 工

圧着加工とは、マーク専用の生地をカットして、専用の熱プレス機で圧着したものです。    この加工方法は、全ての競技に用いられます1枚のマーク生地を使用したものを1重圧着といい、2枚のマーク地を重ねた物を2重圧着といいます。                       この加工方法のメリットとしては、安価な金額で制作出来、比較的短納期に対応することが出来る点がありますが、デメリットとして、熱でプレスしての加工ですので、使用頻度または洗濯状況によって、剥がれる危険性が有ります。                           特に現在ポリエステル素材が増えてきていますので、剥がれやすくなってきているように感じす。3枚マーク地を重ねる3重圧着も存在しますが、競技用としては、使用頻度に耐えられないということで、当社では、おすすめしていません。 

1重チドリ刺繍

2重チドリ刺繍

チドリ刺繍加工

チドリ刺繍加工とは、専用のマーク生地を使用する点は、圧着加工と同じですが、それを、生地と同色の糸でジグザグに縫い付けてしまいます。                       余談ですが、チドリ縫いの語源は、ジグザグに縫うことが、お酒に酔ったチドリ足に似ているところから来ていると言われています。                            このチドリ縫いのメリットは、圧着と違い縫い付けることで、剥がれる危険性がないと言う点す。デメリットとしては、技術的に難しい点があり金額が高いという点です。                                 このチドリ刺繍は、コンピュータミシンで縫うことが難しく、敬遠するところも増えてきていますが、当社においては、チドリ縫いをコンピューターミシンで加工することに成功しています。

                                     また、このチドリ刺繍はプロ野球でも多く用いら               れています。現在では、デジタル化が進んで減っ               てきてはいますが、読売巨人軍などは今でもチド               リ刺繍を採用していますし、メージャーでは今で               もほとんどがチドリ刺繍加工です。                     玄人好みの加工方法とも言われています。    

縁取り刺繍

縁取り刺繍

縁取り刺繍は、専用マーク生地の縁を刺繍で縁取って行くという加工方法です。                              縁取り刺繍には、マーク生地と同色で縁取るパターンとマーク生地と他色で縁取るパターンが有ります。                   1番豪華に見える加工方法で、主に野球での使用が多いです。                                                     この縁取り刺繍は、チドリ刺繍と組み合わせたり、ダブルで縁とったりと汎用性にたけた加工と言えます。豪華に見える点はメリットですが、デメリットとしては、糸の密集によりユニフォーム自体が重くなるという点が有ります。高校野球などではよく用いる加工方法です。  

ダブル縁取り刺繍
チドリ刺繍と縁取り刺繍の組み合わせ
1色直接刺繍
3色直接刺繍

直 接 刺 繍

直接刺繍とは、ウェアに直接刺繍をほどこす技法です。野球のユニフォームでは、袖にもちいたり、グランドコートの胸にもちいたり、また、帽子・作業着の個人名であったり、ポロシャツのチーム名であったりと、多種多様な場面でよく採用されます。

刺繍も1色だけではなく2色で表現したり、影をつけたりと、バリエーションにとんだ加工ができます。

直接刺繍をもちいるメリットは、比較的安価で豪華に見える点ですが、デメリットとしては、大きな柄の表現には不向きといえます。また、柔らかい素材(特にポリエステル素材のTシャツ)などには採用しないほうがよいです。 

1色直接刺繍
3D3色刺繍

帽子刺繍

帽子刺繍は、通常の刺繍とウレタンを用いて盛り上げる3D刺繍が有ります。                               帽子刺繍は、ウエアに刺繍するのと違って難易度が高い刺繍になります。単色であればそうでもないのですが、多色となるとデーターも緻密に作る必要があります。それを3D刺繍にするためにはかなりのスキルを要します。                               データーは平面状で作成しますが、実際は、曲面で刺繍しなければいけません。帽子の素材・形状を考慮してデーターを作成する必要に迫られます。 

1色シルクプリント

多色シルクプリント

ラバープリント

プリント加工

プリント加工は、2種類に分かれます。     シルクプリントとラバープリントです。

シルクプリント              この加工は、一般のウェアなどによく使われる加工方法です。                インクをウェアに付着させるのですが、その際にガリ版状の版を作成し、その版にインクを流し込みプリントしていきます。          1色1版というのが基本ですから、多色になってくると版代がその分かさんでゆきます。    小ロットの場合コストパフォーマンスには欠けますが、耐久性には優れています。ロットがある程度まとまると、このシルクプリントがお薦めです

                      ラバープリント              この加工は、薄いラバーシートをカッティングし、プレス機で熱圧着します。デジタルでのデーターになりますので、版が存在せず版代がかからないことで、比較的安く短納期に対応しやすいというメリットがありますが、熱で圧着しますので、使用頻度によっては剥がれてしまう可能性が有る点はデメリットですし、小さな文字はカッティングできないのもデメリットの一つです。   

転写マーク

転写マーク

転写マークとは、特殊な薄いフィルムに柄を印刷し、その素材をプレス機でウエアに熱圧着して転写させたものを言います。          デジタルにてデーターを作成しますので、版代がかからず色数も問うことはありません。    比較的安価な加工方法ですが、大きな柄になるとインクのランニングコストがかさむため高くなってしまいます。               また、大きな柄は、多少ゴワつく感じが有りす。               

昇華オーダーユニフォーム

昇華プリント加工

昇華プリント加工は、近年増えてきた加工方法です。この加工方法を使用することで、オリジナルのオーダーユニフォームを作ることが可能になりました。                                        画期的な加工方法ですが、デメリットも存在します。                    白色のポリエステル生地にしか反応しないという欠点があるため、色物のウエアには加工できません。そこを逆手にとってオーダーでユニフォームを作るという発想が生まれました。               

無料相談・お問合せはこちら

マークのプロがどの様な要望にも高い技術と深い経験で応じます

お急ぎのかたはお電話がスムーズです

お気軽にご相談ください
担当者が親切丁寧にご説明致します

092-555-6266
営業時間
10時〜19時
休業日
日・祝日