オリジナル野球マーク加工・オリジナルワッペン制作・オリジナルアイテム制作

営業時間
10時〜19時
休業日
日・祝日

お気軽にご相談ください
担当者が親切丁寧にご説明致します

092-555-6266

お店によって加工金額は違う

皆さんは、マーク加工の各相場をご存知でしょうか?

多分知っていますという人は、マークに携わった人以外は1人もいないと思います。

マーク加工の相場は、あってないようなものなのです言い換えれば、お店のさじ加減1つといってもいいと思います。

ウェア等各商品には、メーカー小売価格が必ず存在します。小売価格以上で商品を売ることは出来ません。大体、小売価格の58%~65%で仕入れ、それを78%~80%で販売することになります。1000円の商品を580円~650円で仕入れて780円~800円で売ることになるのですが、利益150円~200円では、商売として成立しません。物が売れていた時代では、薄利多売でよかったのですが、物が売れない現在では尚更です。しかしマークに関しては例外です。相場がないのですからお客様とお店で成立すればそれでいいわけです

マークはグレーゾーンとよく言われています。このグレーゾーンでお店は利益を確保しています。1000円の加工がAという店は、1300円で売られたり、Bという店は1500円だったり、またCという店は2000円でお客様にわたっているのが現状です。

このようにマークの金額はお店によって幅がありますので、2店舗以上のお店で見積もりを取ることをすすめます。ただ、ここで問題があるのが依頼するお店で出来上がり、納期等によって違いがあるという点が有ります。せっかく作るユニフォームですので、どこに満足度をおくのかを考える必要があります。料金なのか。納期なのか。出来栄えなのか。お店の対応なのか。いろいろ吟味して作っていくことが大事です。

料金が安いだけで選ぶと、こんなはずではなかったと後悔することもありますので注意が必要です

特に昇華オーダーユニフォムを海外生産しているところは、上記の事が多く見られるようです。海外製は時間が掛かりますが、金額が日本製に比べてかなり安く出来上がります

金額が他に比べて安いようでしたら、どこで作っているのかを確認するように心がけて下さい。

                    

 

無料相談・お問合せはこちら

マークのプロがどの様な要望にも高い技術と深い経験で応じます

お急ぎのかたはお電話がスムーズです

お気軽にご相談ください
担当者が親切丁寧にご説明致します

092-555-6266
営業時間
10時〜19時
休業日
日・祝日